毛穴対策おすすめ

毛穴ケア

閉じない毛穴…もしかしてNGケア?おすすめ対策3選

投稿日:

乾燥すると毛穴が目立ちやすくなって困りますよね。

毛穴対策をしているのに効果が出ないという人は、ケアが間違っていたり、自分の肌に合っていなかったりと、方法に問題があるのかもしれません。

ここでは、閉じない毛穴にアプローチする3つの対策を取り上げます。やってしまいがちなNGケアもチェックしてみてください。

毛穴を閉じるおすすめ対策3選

毛穴を閉じるための、おすすめの対策を3つご紹介します。

1.閉じない毛穴に角栓ケア

古くなった角質や皮脂、メイク汚れなどが混じりあって毛穴に詰まると角栓ができます。角栓が毛穴を塞いでいる状態では毛穴は閉じてくれません。また、角栓が酸化すると毛穴の黒ずみになるため毛穴が目立ちやすくなります。

毛穴に角栓が詰まっている場合はクレンジングが有効です。洗顔でも角栓を洗い流すことはできますが、一般的に洗浄力ではクレンジングの方が上です。問題はクレンジングは肌への負担も大きくなること。角栓をしっかり洗い流せて、なおかつ肌への負担を抑えられるアイテムを選ぶことが大切です。

【POINT】肌に優しい天然の「油脂」を選ぶ


クレンジング選びで失敗する理由は、肌への優しを重視して洗浄力の弱いアイテムを選んでしまうこと。結果、洗い残しが黒ずみになったり、クレンジング時間が長引いてかえって肌に負担がかかったり、ということに。

洗浄力が高く、肌に優しい成分はずばり油脂。植物や動物由来の油脂は、肌がもともと持っている皮脂と同じ性質を持っており、肌馴染みが良いのが特徴。スピーディーに汚れを落とし、肌に潤いを与えてくれます。MIMURAクレンジングオイルは植物性の良質な油脂をいくつも組み合わせたオイルクレンジング。毛穴に残った角栓もしっかり洗い流してくれます。

>>ミムラ クレンジングオイル

2.閉じない毛穴に保湿ケア

肌が乾燥すると、肌は天然の保湿成分である皮脂をたくさん分泌するようになります。これによって確かに肌は守られ、外部の刺激に対して強くなります。ただしその代わりに皮脂によって顔がテカりやすくなり、また、皮脂を分泌しやすいように毛穴が開いた状態になります。

すると肌のキメは荒くなり、毛穴が開いて肌表面が凸凹しているので影ができ、くすんだ印象を与えます。毛穴が開いていると角栓も詰まりやすくなり、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)も遅れがちになります。保湿ケアによって肌の乾燥を防ぎ、皮脂の過剰な分泌を抑えることが大切です。

【POINT】オイルカットで与えすぎない保湿ケア


肌の乾燥を防ぐことは最重要だとはいえ、油分を与えすぎるとニキビができる原因にもなります。また、肌はもともと適度な量の皮脂を分泌することで乾燥を防ぐ能力を持っています。リッチすぎる美容成分は肌を甘やかして、自分で潤う能力を退化させてしまう可能性があります。

オルビスユーは高い保湿力で評判のアイテムですが、油分を含まないオイルカット処方。肌の各層で水分の循環を助ける独自成分「キーポリンブースター」によって、肌を鍛えながら潤いを与えてくれます。

>>"見た目を変える"化粧水

3.閉じない毛穴にたるみケア

年齢を重ねると若いころと比べて顔のラインがシャープではなくなってきます。顔の皮膚がたるんでくるからです。たるみはエイジングサインのひとつですが、これによって毛穴も影響を受けます。

顔がたるむとき皮膚が引っ張られ、毛穴もいっしょに引っ張られます。すると、楕円形に引き伸ばされる形で毛穴が開いてしまいます。これを、たるみ毛穴といいます。たるみ毛穴の原因は肌のたるみなので、毛穴に対するアプローチというよりも、年齢肌へのアプローチが大切になります。

年齢肌が進行するのは紫外線などによる肌ダメージが蓄積することによってです。これを防ぐには、肌がもともと持っているバリア機能をしっかりサポートし、肌の弾力を支えるコラーゲンやエラスチンといった組織を守ることが大切。保湿ケアをしっかり行い、肌の水分量を高めることでバリア機能は維持されます。その上で、リッチな美容成分を肌に届けることが、たるみ対策につながります。

【POINT】浸透の悪い肌は土台作りから

ハリ不足に悩まされる年齢肌では、有効成分が肌に浸透しにくくなっています。肌の浸透力が低下した状態でいくらリッチな美容成分を肌に与えてもなかなか効果が発揮されません。

アスタリフトには、保湿成分のヒト型セラミドや、エビやカニに含まれる赤色成分であるアスタキサンチンを配合した先行美容液があります。化粧水の前に先行美容液を用いることで、肌の浸透力を高め、その後に使う化粧水や美容液がしっかり肌に働きかけられるように準備することができます。年齢肌では、土台作りから丁寧にケアを積み重ねることがかえって近道になります。

お試しはこちら

毛穴からのニキビ対策

毛穴が開いた状態や、開いた毛穴に角栓が詰まっている状態が続くとニキビができやすくなります。

毛穴の中で、ニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖して炎症を起こしてしまうからです。炎症がひどくなるとニキビ跡として残る心配があり、中には炎症が肌を支えるコラーゲンにダメージを与えて凸凹肌にてしまうケースも。

ニキビに発展してしまう毛穴には、もう一歩先のケアを取り入れるのが有効です。

【POINT】ニキビの原因菌をしっかり殺菌


毛穴の汚れを掻き出すこと、アクネ菌をしっかり殺菌することを重視したニキビケアが可能なプロアクティブ。以前は刺激が強めでしたが、2015年に大幅にリニューアル。保湿を重視し、スキンケア要素の強いアイテムに生まれ変わりました。

無料プレゼントとして付いてくる炭入り電動洗顔ブラシとボディブラシによって、顔や背中の気になる毛穴にしっかりアプローチできます。

【4900円!】プロアクティブ+30日セット!


【POINT】ビタミンCで皮脂をコントロール



ビタミンCには皮脂の分泌をコントロールする働き、そして、炎症を鎮める働きがあります。ビタミンCを有効活用することで過剰な皮脂による毛穴開きや、アクネ菌による毛穴の炎症の予防に努めることができます。

BIHAKUホワイトエッセンスは浸透力に優れ、「進化型ビタミンC誘導体」と呼ばれるAPPSを配合。そのほか、フラーレン、プラセンタエキス、幹細胞エキス、プロテオグリカンといった、今話題の美容成分を贅沢に配合したオールインワン。毛穴、ニキビ、ニキビ跡、年齢肌対策など総合的なスキンケアが手間いらずで行えます。元モーニング娘。の後藤真希(ごとう まき)さんもSNSで取り上げるなど、知る人ぞ知る人気アイテム。

毛穴やニキビ跡の周りは、メラニン色素による色素沈着が残ってしまいがち。ビタミンC誘導体にはメラニンを還元する働きもあるので、毛穴周辺の色素沈着対策にもなります。

商品購入ページへ

毛穴が閉じないのはNGケアのせい?

毛穴対策として次のようなケアを熱心に行っている人は、これから方法を変えることで改善を期待できるでしょう。

毛穴が閉じない理由1.クレンジングに時間をかけすぎる

毛穴の汚れが気になるからとクレンジングに時間をかけすぎたり、強い力でゴシゴシこすったりすると肌にダメージを与え、乾燥や肌トラブルの原因に。余分な皮脂が分泌されやすくなり、かえって毛穴が開いて目立ってしまうことも。クレンジングはやさしく、手早くを心がけましょう。

毛穴が閉じない理由2.収れん化粧水に頼りすぎる

収れん化粧水を使うと肌が引き締まったような感覚を得られることがあります。しかし、それは実際に毛穴がキュッと小さくなるためではありません。収れん化粧水に含まれるアルコールなどが蒸発する際に熱を奪い、肌の温度を下げることによる一時的な効果にとどまります。実際に毛穴を目立ちにくくするためにはスキンケアが重要になります。

毛穴が閉じない理由3.蒸しタオルを多用する

皮膚を温めると確かに毛穴が広がって汚れが落ちやすくなります。ただ、肌の温度の上げ下げを頻繁に行うことは肌にダメージを与え、赤ら顔などの原因になることも。毛穴ケアは入浴後など、自然に肌が温まっているタイミングを見計らって行うと、肌に余計な負担を与えなくても済みます。

毛穴が閉じない理由4.冷水で引き締めようとする

冷水で洗顔すると肌が引き締まったような感覚を得られます。ただ寒さによって顔の筋肉は引き締まりますが、毛穴が小さくなることはありません。蒸しタオルの場合と同じように、冷水によって肌の温度を上げ下げすることは赤ら顔などの肌トラブルにつながることがあります。

【特集】キャシーズチョイス3つのアイテム

毛穴の専門ブランド「キャシーズチョイス」の化粧水、美容液、ピーリングはニキビ・ニキビ跡対策の定番アイテムです。

Cマックスローション



VCリッチセラム

》見てみる

薬用アシィドローション

》今すぐチェック

-毛穴ケア

Copyright© ニキビ跡対策room , 2019 All Rights Reserved.